空き家の水道管トラブルでよくある事例と水道管の破裂を防ぐ方法を紹介します! | 宇都宮、栃木周辺の不動産をお探しなら株式会社ホットハウス 宇都宮支店にお任せ下さい。

栃木県で不動産・土地(売地)を探すなら【ホットハウス宇都宮支店】

営業時間9:20~17:40定休日日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

空き家の水道管トラブルでよくある事例と水道管の破裂を防ぐ方法を紹介します!

「空き家の水道管トラブルでよくある事例について知りたい。」
「空き家の水道管の破裂を防ぐ方法について知りたい。」
空き家をお持ちの方で、このようにお考えの方がたくさんいらっしゃいます。
そこで、今回は空き家の給水管や水道管トラブルでよくある事例と水道管の破裂を防ぐ方法について紹介します。

 

□空き家の水道管トラブルでよくある事例について

1つ目は、破裂のトラブルについてです。
空き家の水道管は、前触れもなく破裂することが多いです。
破裂の原因として、水道管の劣化が挙げられます。

破裂した場所によっては、キッチンや洗面所に大きなダメージを与えてしまう場合があります。
このような場合には、修繕費用が余計にかかってしまう可能性があるため注意が必要です。

2つ目は、錆のトラブルについてです。
近年では、錆びづらいポリエチレン管を使う住宅が増えています。
しかし、築30年以上前に建てられた物件の給水管は、鉄管や鋳鉄管といった金属製である可能性が高いです。
そのため、築年数が経過している水道管は、比較的錆びやすい傾向にあるでしょう。

3つ目は、凍結のトラブルについてです。
冬の間は、空き家では水が流れず、そのまま凍ってしまうことが多いです。
水道管が凍結してしまうと、水道管が膨張してしまうため劣化を早めます。
結果として、水漏れの原因になるため注意が必要です。

4つ目は、漏水についてです。
水道管の漏水が起こる原因として、凍結や水道管の劣化が挙げられます。
漏水が起きていると、普段より水道メーターの数値が進みます。
そのため、普段と比べて水道使用量に変化がある場合には、漏水を疑ってみましょう。

 

□空き家の水道管を破裂させないための方法について

空き家に住んでいない場合であっても、水道の契約を解約しないことをおすすめします。
空き家に誰も住んでいなくても、定期的な管理や清掃を行う必要があります。
したがって、水を使う機会があることから、あえて水道を使える状態にしておく方も多いでしょう。
そのため、空き家の水道管を管理するうえで、水道管が劣化していないかどうか確認する必要があります。

水道管は、管にある程度水がなければ錆びやすくなってしまいます。
錆びを発生させないためにも、いつでも水が出せるように、水道を解約しないことをおすすめします。
また、なるべく水道代をかけずに契約を解約させたい場合には、普段は元栓を閉めておくと良いでしょう。

 

□まとめ

今回は空き家の給水管や水道管でよくあるトラブルとその解決策を紹介しました。
この記事が少しでもお客様のお役に立てれば幸いです。
何かお困りごとがある際には、お気軽に当社へお問い合わせください。
当社のスタッフが全力でサポートします。

投稿日:2022/02/05   投稿者:-