住宅ローンを払えなくなったらどうなるの?その対処法もご紹介します! | 宇都宮、栃木周辺の不動産をお探しなら株式会社ホットハウス 宇都宮支店にお任せ下さい。

栃木県で不動産・土地(売地)を探すなら【ホットハウス宇都宮支店】

営業時間9:20~17:40定休日日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

住宅ローンを払えなくなったらどうなるの?その対処法もご紹介します!

皆さんは、住宅ローンを払えなくなった時に何をすれば良いかご存知ですか。
万が一、ローンの支払いができなくなった時に対処法がわからないと不安ですよね。
そこで今回は、住宅ローンを払えなくなった時にできる対処法をご紹介します。

 

□住宅ローンを払えないと何が起きるの?

住宅ローンが支払われなくなると、近いうちに家を失うことになります。
ここでは、どういった流れで家が差し押さえられるのかについて解説します。

まず、住宅ローンの支払いが行われていないと、金融機関から通知が届きます。
未払いから2ヶ月をすぎると、督促状や来店依頼状が届くようになります。
まだこの段階では、家を差し押さえられることはありません。

3ヶ月以上もの間ローンを滞納すると、ローンを分割で支払えなくなります。
つまり、ローン残高を全て一括で支払うように請求されてしまうのです。
また、金融機関によっては金融事故情報として記録されることがあります。

家が差し押さえられることになるのは、滞納期間が6ヶ月を過ぎてからです。
この時期になると、裁判所から競売の開始決定通知が届くようになります。
競売に向けて家の写真を撮影したり、間取りを確認したりするために自宅の訪問が始まります。

続いて、8ヶ月を超えると競売の入札が決定し始めます。
家が売られると、家から立ち退かなくてはいけません。
この時点では、ローンを滞納している以上、元々の所有者には権利が何もありません。
そのため、たとえ家から立ち退くことを拒んだとしても、強制的に追い出されてしまうことになります。

以上が、住宅ローンを支払わないことで起きる家の差し押さえの流れです。

 

□対処法をご紹介!

では、一体住宅ローンを支払えなくなった時にはどうすれば良いのでしょうか。
ここでは、3つの対処法をご紹介します。

まず1つ目は、金融機関に対して、ローン支払いの期間を一時的に変更するように交渉を行うことです。
期間を延長することで、毎月必要な返済額の負担が減ります。
しっかりとした理由があれば、基本的に金融機関から断られることはありません。
しかし、条件を変更する期間が過ぎれば今まで通りの返済額に戻るため、収入状況を見込んだ上で決めるようにしましょう。

2つ目は、家を売ることです。
ローンを滞納し事故情報名簿に記載されてしまうと、今後住宅ローンを組めず家を新たに購入できなくなります。
そのため、ローンが支払えないとわかった場合、早い段階で家を売却することが大切です。

3つ目は、保険が適用されるかを確認することです。
住宅ローンを支払えなくなった理由として病気や怪我がある場合、保険が適用される可能性があります。
たとえば、団体信用生命保険では、保険金が住宅ローンの返済に回され完済が可能となります。
思わぬ怪我や病気が原因で収入がなくなった場合は、ぜひ保険が適用されるかどうかを確認してみてください。

 

□まとめ

今回は、住宅ローンを払えなくなった時にできる対処法をご紹介しました。
今は問題なく返済できていても、突然思わぬことが原因でローンの返済ができなくなることも考えられます。
家の売却でお悩みの方はぜひお問合せください。

投稿日:2022/04/12   投稿者:-