住宅ローンの借り換えで多く借りられる?オーバーローンについてご紹介します! | 宇都宮、栃木周辺の不動産をお探しなら株式会社ホットハウス 宇都宮支店にお任せ下さい。

栃木県で不動産・土地(売地)を探すなら【ホットハウス宇都宮支店】

営業時間9:20~17:40定休日日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

住宅ローンの借り換えで多く借りられる?オーバーローンについてご紹介します!

「住宅ローンを借り換えすることで多く借りられるようになる」と聞いたことのある方はいらっしゃるでしょう。
住宅ローンの借り換えによって多く借りるには、条件があります。
そこで今回は、住宅ローンの借り換えで多く借りられるケースとオーバーローンの注意点についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

□住宅ローンの借り換えで多く借りられるケースをご紹介!

ここからは、住宅ローンの借り換えによって多く借りられるケースを2つご紹介します。
1つ目が、リフォーム費用を上乗せするケースです。
住宅ローンの返済中に家をリフォームする際は、リフォームローンを借り入れるのが一般的です。
しかし、リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高くなりやすいので、ハードルが高いと感じてしまう方も多いかもしれません。

この場合は、新たな金融機関で住宅ローンを借り換えし、その中にリフォーム費用を組み込むことで解決できます。
こうすることで、住宅ローンの低い金利の恩恵が受けられ、リフォーム費用も住宅ローンにまとめられます。

2つ目が、諸費用分を上乗せするケースです。
住宅ローンを借り換える際には、事務手数料や保証料などの借り換え諸費用が求められます。
30~100万円ほどが必要になる場合がありますが、これらの費用を住宅ローンに上乗せできる金融機関があるのです。

諸費用ローンと呼ばれる専用の借入をする手もありますが、住宅ローンと比べると金利が高いため、住宅ローンに上乗せできる金融機関を選択するのがおすすめです。
ただし、住宅ローン残高によっては上乗せできない場合があるので、諸費用を含めたい場合は事前に相談するのがよいでしょう。

 

□オーバーローンの注意点とは?

物件の購入価格を超えた金額を借り入れている状態をオーバーローンといいますが、このオーバーローンにはいくつかの注意点があります。
ここからは、オーバーローンの注意点を2つご紹介します。

1つ目が、毎月の負担が多いことです。
先ほどもご紹介したように、オーバーローンは住宅価格に加えて諸費用などもローンに組み込まれるので、毎月の返済負担が上がります。
毎月の負担を抑えようと返済期間を長く設定しても、完済時まで支払いを続けられるか、金融機関から将来性を綿密に審査されます。
このように、通常の住宅ローンに比べて返済負担が大きいことを意識し、事前にシミュレーションしておくことが大切です。

2つ目が、金利が高くなることです。
金融機関によっては、オーバーローンの融資に関して、諸費用分に関しては住宅ローンとは別枠で設定するケースがあります。
住宅ローン自体の金利が低くても、別枠の諸費用分は金利が高いという場合があるため注意しましょう。

 

□まとめ

今回は、住宅ローンの借り換えによって多く借りたいとお考えの方に向けて、借り換えで多く借りられるケースについてご紹介しました。
また、オーバーローンの注意点についてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

投稿日:2022/08/28   投稿者:-