日記一覧 2ページ目 | 宇都宮、栃木周辺の不動産をお探しなら株式会社ホットハウス 宇都宮支店にお任せ下さい。

栃木県で不動産・土地(売地)を探すなら【ホットハウス宇都宮支店】

営業時間9:20~17:40定休日日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

日記

DIARY

「任意売却をすると家にいつまで住めるのか知りたい」
このようにお考えの方もいらっしゃいますよね。
任意売却を行うと、いつかは家を売り払うことになりますが、どのくらいの期間住み続けられるのか気になる方も多いです。
そこで今回は、任意売却をするといつまで住めるのかについて解説します。

 

□任意売却はいつまで家に住み続けられるの?

任意売却では、家を退去する日は自分では決められません。
ここでは、任意売却はいつまで家に住み続けられるかを解説します。

まず、売買代金が決済されると、今住んでいる家は買主の所有物になります。
通常であれば、清済日までに家を退去していないといけません。

しかし、任意売却では、強制的に家を追い出されるということはありません。
退去日は買主と話し合いをすることで調整可能な場合もあります。
買主によっては希望を聞いてくれる可能性もあるため、清済日までの退去が難しい場合は一度相談してみると良いでしょう。

 

□任意売却の引き渡し期間中によくある悩みをご紹介!

任意売却を行う上で、引き渡し期間に関する悩みを抱く方は少なくありません。
ここでは、その中でもよくある悩みを2つご紹介します。

まず1つ目は、引っ越すための費用がないことです。
家を退去するには、引っ越し費用が必要です。
債権者が配慮してくれるようであれば、引っ越し費用を出してくれる場合もありますが、全てがそうとは限りません。
そのため、引っ越し費用を自分で用意しなくてはいけないことに負担を感じる方もいます。

しかし、任意売却を行ってすぐに退去する訳ではないため、引っ越し費用を確保する期間は十分にあります。
直前になって費用が手元に用意できていないということが起こらないように、地道に資金を貯めておくようにしましょう。

2つ目は、引っ越し先が見つからないことです。
たとえ新しい住まいが見つかっていなくても、事前に決めた明け渡し日は変更できません。
言い換えると、もし住まいが見つかっていなくても明け渡し日までには退去する必要があります。

どうしても住まいが見つからない場合は、自分の希望する物件の条件や相場を見直すことをおすすめします。
いずれにしても、ギリギリになって焦ることがないように、スケジュールを頭に入れて事前に準備しておくようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、任意売却をするといつまで住めるのかについて解説しました。
任意売却は、退去しなければいけない期間が定まっていません。
債権者や買主、決済日によっても退去すべき日は異なります。
任意売却をお考えの方は、ぜひ当社までご連絡ください。

投稿日:2022/06/05投稿者:-

皆さんは、競売は開始決定がされてからどのような流れで進んでいくのかご存じですか。
競売が開始されたらどうなるのか、どう対処したら良いのか、よく分からない方も多いでしょう。
そこで今回は、競売の流れと競売が開始されてからでもできる対策法をご紹介します。

 

□競売の流れをご紹介!

競売の開始決定は、裁判所が債権者の申し立てを認めたことで行われ、開始決定の通知が家に郵送されてきます。
ここでは、競売が開始決定されてからの大まかな流れについてご紹介します。

開始決定通知が郵送されると、家の状態を見るために執行官と不動産鑑定士が家を訪れ、不動産の調査が行われます。
そこでは、入居者の情報や家の破損がないかどうかなどを確認するためにあらゆる質問を受けることになるので、その場に立ち会う必要があります。

不動産調査が終わると、裁判所に調査結果が提出され、家の売却をする日程が決められます。
この日程は当事者にも通知されます。

その後、入札期間に入り、8日間に渡って家の情報が一般的に公開されます。
そして開札期間を迎えると、最も高い値を挙げた落札者の売却決定が行われます。

次に、正式な家の買受人が決まると、代金納付の手続きが始まります。
代金納付がされた段階ですぐに引っ越しをし、物件から離れなければいけません。

最後に、落札された価格から債権者へ返済されます。

以上が、開始決定されてからの競売の大まかな流れです。

 

□競売が開始決定されてからの対処法とは?

競売の開始決定通知が届いた際、どのような対処が可能なのでしょうか。
続いては、開始決定が下されてからでもできる競売の対処法を3つご紹介します。

まず1つ目は、任意売却を行うことです。
競売の開始決定通知が届いても、開札期限の前日までに取り下げを行えば、任意売却へ切り替えられます。

しかし、任意売却を行う際は債権者の同意が必要であることを忘れてはいけません。

たとえ任意売却で得た売却金でローンが完済できなかったとしても、その後の返済方法を含めて債権者の了承を得られれば、任意売却を行えます。
任意売却をしたい場合は、早めに債権者に相談しておきましょう。

2つ目は、自己破産をすることです。
競売に対して悪いイメージを抱いている方も少なくありませんが、競売は手続きに長い期間を要するため、引き渡しまでの期間家に済み続けられるメリットも存在します。
できる限り今の家に住み続けたい方は、あえて競売を選び自己破産をする選択も一つの方法です。

自己破産を行えば、債務は全てなくなり、競売後に残債が残っても返済する必要はありません。

3つ目は、親族が競売に参加することです。
任意売却を行えない場合の対処法として、競売に親族が参加し落札してもらうよう頼むという方法があります。
そうすれば、購入した親族から家を借り、リースバックが可能となります。

ただし、この場合は親族の了承を得るのと同時に、親族がある程度の資産力を持っていることが必要な条件です。

 

□まとめ

今回は、競売の流れと競売が開始されてからでもできる対策法をご紹介しました。
競売の開始決定がされても、ある一定の期間内であれば競売の取り下げや任意売却への切り替えなどの対処が可能です。
いずれにしても、競売の特徴を理解した上で自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

投稿日:2022/06/01投稿者:-

「任意売却をしたら、住宅ローンはどうなるのか知りたい」
任意売却を検討されている方の中には、このようにお考えの方も少なくありません。
住宅ローンが残っている状態での家の売却は、何かと不安を感じますよね。
そこで今回は、任意売却と住宅ローンの関係や、任意売却の流れについて紹介します。

 

□任意売却をすると住宅ローンはどうなる?

住宅ローンが残っている状態で家の売却ができる任意売却ですが、もし家の売却後もローンを完済できなかったらどうなるのでしょうか。
ここでは、任意売却と住宅ローンの関係を解説します。

そもそも任意売却とは、住宅ローンの滞納を解決するための手段として、家を売却する方法のことを意味します。

本来ならば、家を売却する時点でローンを完済し、抵当権を抹消しているケースがほとんどです。
もし売却をするまでにローンを完済できなくても、ローンを支払うために家を売却することで得たお金に加えて、ローン返済のための資金を自分で用意しなくてはいけません。

また、売却金はローン残高よりも低い金額でしか設定できない場合があるため、資金をどう用意するのかを考えておく必要があります。

一方、任意売却を行うとローン残高を少なくでき、ローンの返済に対する負担も減らせます。
その代わりに家を手放すという決断をする必要はありますが、ローン滞納が続くよりも家を売却しローン完済に繋げる方が良いという方は少なくありません。
実際に任意売却を選ぶ方の多くが、経済的に困難を抱かれています。

今はまだローンの返済ができているという方も、これからどうなるのかは分からないため、選択肢の一つとして押さえていても良いでしょう。

 

□任意売却の流れとは?

任意売却は、どういった流れで進んでいくのか気になる方も多いですよね。
続いては、任意売却の流れをご紹介します。

まずは、住宅ローンの滞納が始まってから1カ月後に、金融機関から督促状が届くようになります。
この時点では、まだ家の差し押さえは行われません。
しかし、督促状が届いてから3カ月以上放置していると、ローンを分割で支払えなくなり、一括で返済するよう求められます。

督促状が届き、任意売却を決断したら現状を把握する必要があります。
住宅ローンの残高や滞納金額、延滞金など、金融機関と共に確認をしましょう。

続いて、現状の理解ができたら不動産会社との話し合いが始まります。
ローン残高や引っ越しの時期など、具体的な相談が一通り終わると、家の査定も行われます。

その後、売却の手続きが開始され、家を売る準備をする期間に入ります。
ここで行うべきことは、家の内覧が行われる可能性もあるため、家を掃除し綺麗な状態にしておくことです。
そして、買主が見つかり次第、契約を交わし引き渡しを行えば、売却終了です。

ここまでが、任意売却のざっくりとした流れになります。
任意売却をお考えの方は、大体のイメージを掴んでおきましょう。

 

□まとめ

今回は、任意売却と住宅ローンの関係や、任意売却の流れについて紹介しました。
住宅ローンの滞納が続くと、生活が困難になる上に精神的にも追い詰められてしまいます。
より豊かな生活をするためにも、任意売却は検討すべき一つの選択肢でしょう。
ぜひ、この記事を参考にしていただけると幸いです。

投稿日:2022/05/28投稿者:-

任意売却をお考えの方に注意しておいていただきたいのが、誰でも任意売却ができる訳ではないということです。
任意売却を行うためには、いくつかの条件を満たしている必要があります。
そこで今回は、任意売却ができないケースと対処法、そして任意売却を成功させるポイントをご紹介します。

 

□任意売却ができないケースとは?

任意売却は、いくつかの条件をクリアしていないと実施できません。
ここでは、任意売却が行えないケースを対処法を踏まえて3つご紹介します。

まず1つ目のケースは、債権者からの同意を得られていない場合です。
任意売却を行うためには、債権者から認められる必要があります。

住宅ローンを支払えない金銭的な問題がある場合に実施される任意売却ですが、金融機関によっては任意売却をそもそも認めていない場合もあります。
そういった金融機関からは、任意売却の許可を得るのは難しいと言えるでしょう。

しかし、家の売却後のローン残高が返済できる範囲であると考えられるのであれば同意を得られる可能性があります。

2つ目は、住宅ローンの残高よりも、家の売却額の方が低い場合です。
売却額の方が低いと、家の売却後も支払わなければいけない住宅ローンは残ります。
その差額があまりにも大きいと、ローンを返済できる見込みがないため債権者の同意が得られない可能性があります。

この場合の対処法としてあるのは、まず家がどのくらいの価格で売却できるのかを把握することです。
その後、どういった方法で残ったローンを返済していくのかを明確に示し、実効性があると判断されれば同意してもらえる可能性は高くなるでしょう。

3つ目は、家の共同名義人や住宅ローンの連帯保証人からの同意がない場合です。
任意売却には、債権者だけではなく共同名義人や連帯保証人からも同意を得る必要があります。
同意が得られていないと、任意売却は行えません。

この場合は、連帯保証人や共同名義人にあたる人と事前にきちんと話し合っておく必要があります。
同意を得るためにも、信頼できる関係性を築いておくことも大切だと言えます。

 

□任意売却を成功させるポイントとは?

任意売却における条件をクリアし、実際に実施可能になれば、今よりも豊かな生活を送りやすくなるでしょう。
続いては、そんな任意売却を成功させるためのポイントを2つ紹介します。

1つ目のポイントは、債権者には早めに相談をすることです。
任意売却を成功させる最大のポイントが、早めに決断し行動することです。
任意売却には、限られた期限内で買主を見つける必要があります。
できるだけ行動に移すことで、良い買主を見つけやすくなるでしょう。

2つ目のポイントは、当社のような任意売却の知識を持っている不動産会社に依頼することです。
任意売却を成功させるためには、不動産会社選びも大切なポイントです。
当社では、任意売却のメリットとデメリット、どちらも踏まえた知識を持っているため、安心してご利用いただけます。

以上が、任意売却を成功させるポイントです。

 

□まとめ

今回は、任意売却ができないケースと対処法、そして任意売却を成功させるポイントをご紹介しました。
任意売却を行うためには、任意売却ができないケースとその場合の対処法を事前に確認し、クリアしておく必要があります。
皆さんもスムーズに任意売却が行えるよう、この記事を参考にしていただけると幸いです。

投稿日:2022/05/24投稿者:-

後悔なく任意売却を行うためには、事前に成功事例と失敗事例を見ておくことがおすすめです。
実際に経験した方の事例を知ることで、情報が得られ、任意売却についてイメージしやすくなります。
そこで今回は、任意売却の成功事例と失敗事例、そしてメリットデメリットもご紹介します。

 

□任意売却の成功事例と失敗事例をご紹介!

任意売却は、住宅ローンの完済がまだできていない方で、競売よりも家の売却金をできるだけ多く得たい方によく利用されています。
しかし、任意売却を利用したことで成功した方と失敗した方、両方が存在します。
ここでは、その両者をそれぞれご紹介します。

 

*任意売却の成功事例

まずは、任意売却の成功事例についてです。

5人の家族を養っていたある男性は、13年前に住宅を購入しましたが、住宅ローンの他に多額の借入をしていたため返済に追われる日々を送っていました。
収入の減少に加え、子供に必要な養育費が年々増え、将来のことを考えると早めに家の売却をしようと決断しました。
任意売却を行ったことで、将来の金銭面に関する不安が薄れ、人生を一度リセットし新たな生活を踏み出せたと満足されています。

この成功例からわかる成功の秘訣は、早めの決断をしていたことです。
この方の場合は、住宅ローンや借金の返済が滞っていた状態ではありませんが、現在の収入状態を考えた時に、リスクを避けるために早めに売却を決断されました。

早めに決断をすることで、その分金銭面や精神的にも負担が減ります。
反対に決断が遅いと、任意売却そのものが行えなくなり、競売にかけられる可能性があります。
そのため、ローンの支払いが遅れていると感じたら、すぐに相談することをおすすめします。

 

*任意売却の失敗事例

続いては、任意売却の失敗事例についてです。

4人家族を養っていた男性は、6年前に住宅を購入したものの、任意売却で成功した男性と同様に住宅ローンとその他の多額の借入に悩まされていました。

リーマンショックにより収入が大幅に減少していたため、支払いは困難な状態でしたが、住宅を手放したくなかった男性は個人版民事再生を実施し、家を手放さずに済みました。
しかし、その後、会社の景気がどんどん悪化し、ローンの返済が滞り、結局競売で家を手放すことになってしまったのです。

ローンや多額の借入があり、返済が困難な状態でも、せっかく購入した住宅を手放したくないという方は多いでしょう。
その場合、家を手放さずに借金を減らせる個人版民事再生を選択される方がいます。

しかし、ここで注意しておきたいのは、個人版民事再生では住宅ローンの返済期間は伸ばせるが、残高を減らすことはできないということです。
そのため、結局同じ金額をずるずると長い間返済し続けなければいけません。

競売は、強制的に家を売却させられる上に、任意売却よりも売却金は少ないと言われています。
家を手放すなら、自分の意志で売却できる任意売却を検討しましょう。

 

□任意売却のメリットデメリットとは?

これまで任意売却の成功事例と失敗事例をご紹介しました。
ここでは、両者の事例を踏まえ、任意売却のメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

まず、任意売却のメリットとしてあるのが、引っ越し代を工面してもらえる場合があることです。
一般的な売却法を利用したとしても、引っ越し費用は自分で支払わなければいけないことが多くあります。

しかし、任意売却では引っ越し代を代わりに支払ってもらえる可能性があるため、金銭的な負担が少なく引っ越ししやすいと言えます。

一方、デメリットなのが、債権者との話し合いで配分を調整する必要があることです。
話し合いで決めるということは、時に揉め事のきっかけとなり、調整が難しくなることが考えられます。
このことが任意売却の失敗事例とされることもあるため、話し合いを行う際には債権者との間でわだかまりが起きないように注意しなければいけません。

 

□まとめ

今回は、任意売却の成功事例と失敗事例、そしてメリットデメリットをご紹介しました。
紹介した成功事例と失敗事例から分かる大切なことは、決断はできるだけ早くすることと、決断が遅くなると競売にかけられる場合があることです。
当社では、お客様の家の売却をサポートしますので、ぜひご相談ください。

投稿日:2022/05/20投稿者:-