日記一覧 3ページ目 | 宇都宮、栃木周辺の不動産をお探しなら株式会社ホットハウス 宇都宮支店にお任せ下さい。

栃木県で不動産・土地(売地)を探すなら【ホットハウス宇都宮支店】

営業時間9:20~17:40定休日日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

日記

DIARY

抵当権が付いている住宅を売却するにはどうしたら良いか、皆さんはご存じですか。
住宅ローンの返済を終える前に売却可能な方法の1つとして、任意売却というものがあります。
そこで今回は、抵当権と任意売却についてそれぞれ解説します。
家の売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

□抵当権とは何?

そもそも、抵当権とは何なのか、疑問に思われている方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、抵当権について紹介します。

抵当権は、住宅ローンを組む時に自分の所有する不動産を担保として提供することです。
そのため、もし仮にローンとして借りたお金を返済できなかった場合、金融機関に不動産を差し押さえられてしまう可能性があります。

また、抵当権は別除権とも呼ばれており、他に存在する債権者よりも支払いを優先的に受けられます。
通常であれば、自己破産した場合、その人の財産はお金を貸している債権者に分けられます。

しかし、抵当権があれば他の債権者と異なる扱いを受けるため、別除権と呼ばれることがあるのです。
つまり、抵当権はそれほど効力を持つ権利であると言えます。

 

□任意売却について解説!

抵当権の付いた家を売却する方法として知られているのが任意売却ですが、任意売却とは何かをあまり知らない方は多いのではないでしょうか。
続いては、任意売却について解説します。

まず、任意売却は一般的に知られている売却法とは異なります。
通常なら、家の売却はローン完済後に行われることが多いですが、任意売却は何らかの理由によってローンが払い切れない状態となった時に行う売却法です。

任意売却を行うためには、金融機関から承諾を得る必要があります。
承諾さえ得られれば、通常の売却に近い金額で家を売却できることもあります。
高い値で売却できるとローンの返済に回しやすくなるため、任意売却のメリットだと言えるでしょう。

一方、任意売却を行う上で注意しておきたいのは、自分の意思を持って売却できますが、何でも自由に売却活動は行えないということです。
任意売却を行う際は、この点を理解しておく必要があります。

しかし、任意売却は通常の売却法と異なりながらも、通常と同じように売却を行いやすいため、比較的取り入れやすい方法です。

 

□まとめ

今回は、抵当権と任意売却についてそれぞれ解説しました。
たとえ抵当権のある住宅でも、任意売却を行うことによって売却は可能です。
住宅ローンの支払いが滞っている場合は、任意売却も選択肢の一つです。
家の売却について疑問点やご質問がありましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

投稿日:2022/05/16投稿者:-

「住宅ローンが残っている状態で家の売却ができるのか知りたい」
このようにお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、任意売却についてです。
任意売却は、通常の売却方法とは異なります。
今回は、任意売却の基本情報と、任意売却を選ぶメリットとデメリットをご紹介します。

 

□任意売却とは?

任意売却という言葉を初めて耳にした方も、中にはいらっしゃるでしょう。
そこで、ここでは任意売却とは何かについて解説します。

まず任意売却とは、住宅ローンがまだ完済していなくても家の売却が可能な売却方法です。

通常、家を売る際には、すでに住宅ローンを完済しているか、あるいは住宅ローンが残っていても家の売却で得たお金でローンを完済させることが条件となります。
また、ローンを組む際に設定された抵当権を抹消させる必要があります。

しかし、任意売却では抵当権を抹消させなくても家を売却できます。
そのため、抵当権を持ちながら家を売るということは、不動産からの差し押さえが可能である状態であるため、金融機関から許可を得る必要があります。
つまり、任意売却は、ローンが残った状態で売却できますが、自由に売却できるわけではないということを理解しておきましょう。

さらに、任意売却を行うためにはいくつかの条件をクリアしなければいけません。
例えば、金融機関からの承諾を得ることに加え、税金の滞納をしていないことや売却活動をする時間がしっかり確保されていることなどがあります。

任意売却をするためには、これらの条件に当てはまらないと売却できないため、必要とされる条件に満たしているかを事前に確認しておきましょう。

 

□メリット・デメリットをご紹介!

続いては、任意売却が持つメリットとデメリットについてご紹介します。
後悔なくスムーズに売却を行うためにも、良い点と悪い点どちらも踏まえて正しい知識を持っておくことが大切です。

 

*任意売却のメリット

任意売却のメリットの1つとして挙げられるのは、比較的高い値で売却できることです。
通常の売却法ではなくても、任意売却では高い値で家を売却できる可能性があります。
高く売れると住宅ローンの返済に回せるので、ローンの負担が少なくなるでしょう。

さらに、引っ越しをする時期の希望が通りやすいのもメリットです。
任意売却は競売とは違い強制的な売却方法ではないため、引っ越しをする時期の希望が通りやすい特徴があります。
自分のスケジュールを考慮して計画的に行えるため、売却によるストレスは感じにくいと言えます。

 

*任意売却のデメリット

一方、デメリットとしてあるのは、手間を要することです。
任意売却では、自分で仲介業者を探し、不動産の売却手続きに関与する必要があります。
そのため、少々手間がかかると考えられるので、任意売却をする際は十分に売却活動をする時間を確保しておくことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、任意売却の基本情報と、任意売却を選ぶメリットとデメリットをご紹介しました。
住宅ローンが残っていても家の売却が可能なのが、任意売却です。
任意売却にはメリットとデメリット両方が存在するため、それぞれを理解した上で決断することが大切です。
ぜひ、今回の記事を参考にしてみてください。

投稿日:2022/05/12投稿者:-

皆さんは、任意売却と強制競売の違いについてご存知ですか。
言葉だけ聞いても、それぞれにどんな特徴があるのかはイメージしにくいですよね。
そこで今回は、任意売却と強制競売の違いやそれぞれの特徴について解説します。

 

□どういう点が異なるの?

では、ここでは任意売却と強制競売の違いをいくつかの面から紹介します。

1つ目は、金銭面です。
任意売却は市場価格とほとんど変わらない価格で売却できるのに対し、強制競売は市場価格より2、3割下がった値段になることがあります。
そのため、家を売った後でもローンの残高が残りやすいです。

2つ目は、引っ越し面です。
購入者が決まり次第、強制的に立ち退きを要求される強制競売に対して、任意売却は引っ越す時期が調整できます。
また、引っ越し費用に関しては、任意売却は家の売却費用から確保できる可能性があります。
強制競売に関しても、購入者によっては引っ越し費用を負担してくれる場合があります。

3つ目は、精神面です。
任意売却は基本的に他の売却と変わりません。
そのため精神的負担は少ないといえます。
一方の強制競売は、強制的に家から追い出される形で売却が進む感覚があるため、精神的に負担を感じる方は少なくないでしょう。

 

□それぞれのメリットデメリットをご紹介!

続いては、任意売却と強制競売のメリットとデメリットを紹介します。

まずは、任意売却のメリットです。
任意売却は、強制競売と比べても比較的希望に沿った高い値段で売却できます。
また、通常の売却とほとんど変わらないことから精神的負担が少ないこともメリットです。

一方、デメリットとしては、手続きをする際に自分から不動産会社に依頼しなくてはいけないため、少し面倒だといえるでしょう。
また、決して希望の価格で売却できるとは限らないため、期待はできません。

次に、強制競売のメリットです。
強制競売の1番のメリットは、売却において何かをする必要がないことです。
知らぬ間にどんどん売却が進んでいくため、手間をかけずに売却できます。

しかし、デメリットとして売却価格が低いことが挙げられます。
低い値段で売れると、その分住宅ローンに回せるお金も少なくなってしまいます。
さらに、勝手に売却が進むという点からプライバシーをあまり守れないこともデメリットでしょう。

以上が、任意売却と強制競売のメリットとデメリットです。

 

□まとめ

今回は、任意売却と強制競売の違いやそれぞれの特徴について解説しました。
それぞれの違いについて、少しでも理解していただけたでしょうか。
家の売却をお考えの方で疑問点やご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

投稿日:2022/05/10投稿者:-

「離婚をしたら住宅ローンはどうなるの」
「ローンが残っていても離婚できるのかな」
離婚をお考えの方の中で、このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。
そんな皆さんのために、離婚する際の住宅ローンについてご紹介します。

 

□住宅ローンが残っていても離婚はできる?

住宅ローンが完済されていない状態では、離婚できないとお考えの方も中にはいらっしゃるでしょう。
しかし、結論をいうと住宅ローンが残っていても離婚は可能です。
ここでは、ローンが残っている場合に離婚する際の押さえておきたいポイントを紹介します。

まず1つ目のポイントは、住宅ローンは半分に振り分けをしなくても良いことです。
離婚する際多くの場合が、夫婦同士で財産分与を行います。
住宅ローンはプラスとなる資産ではありませんが、財産分与が可能です。

しかし、住宅ローンは決して半分ずつに振り分ける必要はありません。
なぜかというと、住宅ローンは契約にもよりますが、半分ずつ支払って完済できるとは限らないからです。

2つ目のポイントは、住宅ローンを支払わなければいけない義務は名義人にあるということです。
夫婦の間でローンの返済額を割り振れますが、最終的に銀行への支払いをする義務は住宅ローンの名義人にあります。
ただし、家の名義人と住宅ローンの名義人は同じ意味を持たないため注意しましょう。

 

□どちらかが家に住む場合の住宅ローンはどうなるの?

離婚をする際、家を売る人もいますが中にはどちらかが家に残る場合もあるでしょう。
その場合、住宅ローンはどうなるのかについて3パターンに分けて解説します。

まず1つ目は、債務者とされる夫が家に残る場合です。
この場合は、住宅ローンの名義人である夫が、家に住みながら住宅ローンを支払う形が考えられます。
しかし、ローンの連帯保証人として妻が登録されている場合は、ローン返済が滞った際に妻の方へ請求が行われます。
後で問題が起こらないように、連帯保証人の変更をしておくことがおすすめです。

2つ目は、債務者の夫が家を離れる場合です。
たとえ家に住んでいなくても、名義人である夫が妻の代わりにローンを支払うパターンです。
妻が子供の親権を取る場合などに、この方法が選択されることがあります。

しかし、住宅ローンを支払わなくて良いことが妻にとって有利とは限りません。
夫のローン返済が滞った際には、家の差し押さえにも繋がるので注意が必要です。

3つ目は、夫婦どちらもローンを借りている場合です。
夫婦で住宅ローンを借りているのにどちらか一方が家を出てしまうと、契約違反として見なされます。
家の名義人を、家に残る側だけに変更したい場合はローンの借り換えをする必要があります。

 

□まとめ

今回は、離婚する際の住宅ローンへの対応方法について解説しました。
離婚したら住宅ローンはどうなるのかご理解いただけたでしょうか。
離婚時の住宅ローン問題は複雑だと感じる方も多いでしょう。
住宅ローンに関して夫婦間のトラブルを避けるためには、お互いによく話し合いを行っておくことが大切です。

投稿日:2022/05/06投稿者:-

皆さんは、任意売却の進め方についてご存知ですか。
任意売却をしたくても、どう進めていけば良いのか分からない方も多いと思います。
そこで今回は、任意売却の進め方と注意点をご紹介します。
ぜひ、参考にしてください。

 

□任意売却の進め方って?

任意売却とは、住宅ローンなどの借入金を返済することが難しくなったときに行う手続きのことです。
住宅ローンを滞納して1~2か月の間に、金融機関によって督促状が送られてきます。
この時点で状況が改善する見込みがなければ、任意売却を検討してみましょう。

ここでは、任意売却の進め方を紹介します。

住宅ローンの返済が難しくなったために任意売却をしようとする場合、まず金融機関に任意売却の条件について交渉しておきましょう。
次に、任意売却を行う業者に連絡をします。
基本的に金融機関に紹介してもらった任意売却の業者か、自分で調べて選んだ業者のどちらでも構いません。

自分に合った業者が決まると、続いては契約を交わし物件の査定に入ります。
査定が終わるとインターネットやチラシによる販売活動が本格的に始まります。
購入を検討する人が現れれば、物件の見学を行います。

そして家の購入希望者が決まると、代金が支払われた後に移転の手続きを行います。
家の移転が終わった後、残ったローンの支払い方法について金融機関と話し合うことが必要となります。

以上が、基本的な任意売却の進め方です。

 

□任意売却における注意点とは?

続いては、任意売却を行う際に注意しておきたいポイントを紹介します。

任意売却は通常の売却とほとんど変わりはありませんが、一つだけ大きく異なるのは売買契約と家の引き渡しを一度に行うという点です。
通常であれば、売買契約と家の引き渡しはそれぞれ別の日に行いますが、任意売却では一日で完了します。
これは、売買契約の際に買主から渡された手付金を、売主が持ち逃げすることを防ぐためだと考えられます。
そのため、任意売却の契約から引き渡しの流れは他の売却方法とは異なるということを覚えておきましょう。

さらに、任意売却を行う際は、後で契約が解除されることは避ける必要があります。
なぜなら、基本的に任意売却は債権者のために行う契約だからです。
任意売却には他の売却とは異なり特殊な契約内容が含まれているため、契約を交わす際はしっかり契約書を読み込んでおきましょう。

 

□まとめ

今回は、任意売却の進め方と注意点をご紹介しました。
任意売却は通常の売却とは異なり、特殊な部分があります。
今回紹介した進め方や注意点を把握して、スムーズに任意売却を行いましょう。
任意売却をしようか迷っている方は、当社までお問い合わせください。

投稿日:2022/05/02投稿者:-