日記一覧 5ページ目 | 宇都宮、栃木周辺の不動産をお探しなら株式会社ホットハウス 宇都宮支店にお任せ下さい。

栃木県で不動産・土地(売地)を探すなら【ホットハウス宇都宮支店】

営業時間9:20~17:40定休日日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

日記

DIARY

帰省や旅行で家を長期間空けるとなると、何かと不安ですよね。
1ヶ月以上留守にする場合、特に気をつけてほしいのが家の湿気対策です。
家の中で長い間風通しが無いと、カビの発生や異臭といった原因にもつながります。
そこで今回は、留守中の湿気対策と帰宅後にやっておくべきことを紹介します。

 

□湿気対策をご紹介!

ここでは、長期間の留守中に行ってほしい湿気対策についてご紹介します。

窓や扉を長い間閉めたままにしておくと、室内には湿気が溜まっていきます。
特にお風呂場などの水回りでは、カビの発生に注意しなければいけません。
ここで湿気対策として重要なのは、室内に設置された換気扇を回しておくことです。
換気扇を回すことで、家の中の空気が循環しやすくなり、湿気からくるカビの発生を防げます。

また、押し入れや箪笥の扉を開けておくことも湿気対策として挙げられます。
閉め切った小さな空間は湿気が特に溜まりやすい場所なので、家を出る前に扉を開けておくことが大切です。
気になる場所に吸湿剤を置いておくのも良いでしょう。

 

□帰宅後にやるべきこととは?

やるべきことがあるのは家を空ける前だけではありません。
長期間の留守後にも、やっておくべきことがいくつかあります。

1つ目は、家の冷蔵庫の中を確認しておくことです。
ある程度出発前に整理しておく方は多いと思いますが、家を空ける期間が長いと気づかぬうちに賞味期限が切れている食品があるかもしれません。
誤って口にし、体調を崩さないためにもまずは冷蔵庫の中身をチェックしておくと安心です。

2つ目は、何か預けているものがあれば取りに行くことです。
長期間留守にする時、近くに住む友人や家族にペットや植物、通帳などの貴重品を預ける方も中にはいるでしょう。
その場合、忘れないうちに早めに取りに行くようにしましょう。

特に生き物を預けている場合は、相手にも負担がかかります。
取りに行くのを遅らせてしまったらその分迷惑となってしまうので、帰宅したらすぐに取りに行くように心がけましょう。
また、取りに行く際はお礼として、お土産を渡すことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、留守中の湿気対策と帰宅後にやっておくべきことを紹介しました。
留守中も安心して過ごすためには、家の湿気対策をしっかりしておくと良いです。
特に水回りの場所では換気扇を忘れずに回しておくと、帰宅後も快適です。
ぜひ、この記事を参考にしていただけると幸いです。

投稿日:2022/04/09投稿者:-

古い家の解体を考えている方にとってネックなのが解体費用です。
一体どれくらいかかるのか気になりますよね。
そこで今回は、一軒家の解体にかかる費用の相場と補助金について解説します。
知っていると役に立つので、これらのポイントを押さえておきましょう。

 

□解体費用の相場をご紹介!

まずは、一軒家の解体費用は平均でどれくらいかかるのかを紹介します。
一軒家と言っても、家の構造や作りによって費用は異なってきます。

木造住宅の場合、30坪の家を解体するとなると約90万から150万円ほどの費用が必要です。
鉄骨住宅であれば150万から210万円、コンクリート作りの住宅なら180万から240万円が目安となります。

また、作りの他にも築年数や立地によっても価格は異なります。
家の中に家具が残っている場合はもっと高くなる可能性があるため注意しましょう。

さらに、平屋か二階建て住宅を比べてみると、平屋の方がコンクリート施工が多いため費用が比較的高くなると考えられます。

 

□解体費用で利用できる補助金やローンとは?

解体費用だけをみるとなかなか高額ですが、支払う際に利用できる補助金やローンが存在します。
ここでは、補助金とローンそれぞれの特徴を紹介します。

まずは補助金についてです。
補助金と言っても、国から出る助成制度は残念ながら存在しません。
その代わりに、自治体の多くが古い家の解体のための助成制度を設けています。

助成制度を利用する際は事前に手続きが必要になってくる可能性があります。
家の解体前にどのような助成制度が存在するのか、その際に必要な書類は何なのかをあらかじめチェックしておきましょう。

次はローンについてです。
古い家の解体後に新しく住宅を建てる場合は、住宅ローンに組み込めます。
売却を目的としている場合は、空き家解体ローンやフリーローンが利用できます。

空き家ローンとは、政府により提供されている空き家解体のためのローンです。
これは年々増加傾向のある空き家対策の一つであると考えられます。
多くの地方銀行で取り扱われていますが、金融機関によって空き家の定義が異なる場合があるため気をつけましょう。

一方でフリーローンとは、利用目的が定まっていないローンを指します。
比較的多くの銀行で取り扱われています。
しかし、金利が低いにもかかわらず審査が厳しい傾向にあるため注意しましょう。

 

□まとめ

今回は、一軒家の解体にかかる費用の相場と補助金について解説しました。
解体費用には多くのコストがかかりますが、助成金やローンを取り入れることでコストを抑えられることが可能です。
皆さんもこの記事を参考に古い家の解体を検討してみてはいかがでしょうか。

投稿日:2022/04/05投稿者:-

空き家を更地にしようと考えている方に注意しておいていただきたいのが、固定資産税です。
空き家を更地にすることで、固定資産税が今よりも高くなる可能性があります。
そこで今回は、固定資産税が高くなる理由と税負担を軽減させる対策をご紹介します。
ぜひ、参考にしてください。

 

□更地にすると固定資産税が高くなる理由とは

空き家をうまく活用できないことから、更地にしてしまう方は多いです。
しかし、更地にする前に固定資産税が高くなることを理解しておく必要があります。
ここではなぜ高くなるのか、理由を解説します。

その理由としてあるのは、減税特例が適用されなくなるということです。
土地に建物が建っていると、減税制度が適用されます。
しかし、更地にしてしまうとその制度が適用されなくなり固定資産税が高くなるのです。

例えば、減税制度として住宅の場合は、固定資産税の6分の1程度の金額が減税されています。
この減税がなくなってしまうと、実質約3倍以上の固定資産税を支払う必要が出てきます。

 

□税負担を軽減する対策をご紹介!

更地は建物がある土地に対して税負担は重くなりますが、いくつかの対策をすることで負担を軽減できます。
ここでは、更地において税負担を軽減させる対策について紹介します。

まず1つ目は、土地を活用することです。
更地をそのままにしておくと、固定資産税は高くなるため、土地を活用することがおすすめです。
例えば、新しく住む家を建てることや賃貸物件のための家を建てるのも良いでしょう。
住宅以外にも、駐車場にしてしまうのも1つの方法です。

このように土地を活用することによって固定資産税の負担を減らせます。

2つ目は、不動産会社へ相談してみることです。
土地をどのように活用すればいいのかお悩みの場合は、不動産会社へ一度相談してみてはいかがでしょうか。
そうすることで、適切なアドバイスがもらえます。
また、所有している土地の特徴なども知れます。

何をすればいいのかわからない場合は、まずプロに尋ねることが大切です。
当社では、不動産に関するご相談を受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

□まとめ

今回は、固定資産税が高くなる理由と税負担を軽減させる対策をご紹介しました。
更地は固定資産税が高くなってしまうというデメリットがありますが、しっかり対策をすることで税負担を減らすことが可能です。
空き家をどのように活用しようか迷っている方は、当社が最適なご提案をしますのでお気軽にご相談ください。

投稿日:2022/04/01投稿者:-

「空き家の固定資産税って住んでいないのに払う必要あるの」
空き家を所有している方でこのようにお考えの方も多いと思います。
しかし、固定資産税を払わないことによって、トラブルが起きる危険性が存在します。
今回は、固定資産税の支払いを放置することの危険性や支払えない時のための対策を紹介します。

 

□固定資産税を支払わなかったらどうなる?

空き家の固定資産税を支払わなかったら、どのような危険性があるのでしょうか。
ここでは、支払いを放置することで考えられるトラブルを2つ紹介します。

まず1つ目は、延滞金の発生です。
納税期限までに固定資産税を支払わなかった場合、延滞金が発生します。
この延滞金は請求金額から計算されていきます。
例えば、1ヶ月支払わなかった場合は2.6パーセント、1ヶ月以上放置していたら8.9パーセントとどんどん金額が上がっていくのです。

つまり、放置すればするほど後から支払う金額が増えていくということになります。
支払える分の資金がある方は、後悔しないためにもきちんと納税期限までに必ず払っておきましょう。

2つ目は、空き家が差し押さえられる可能性があります。
固定資産税を放置し続けると、最終的に滞納処分をされる危険性があります。
例えばこれは、空き家自体だけではなく、給料や預金、資産なども差し押さえの対象となることが考えられます。

ここで注意しておきたいのは、固定資産税が完全に支払い終わるまで毎月差し押さえられることになることです。
さらに、差し押さえられたという事実は勤めている会社にも知られることになります。
このように、固定資産税を放置することによって与えられるペナルティはとても大きいのです。

 

□支払えない時はどうすればいいの?

一方で、何らかの原因によって固定資産税を支払えないという方も中にはいるでしょう。
そんな時はどうすればいいのか、対策としてできる2つの方法をご紹介します。

1つ目は、自治体に相談することです。
自治体の窓口に連絡をすることで、状況を理解し柔軟な対応をしてくれる可能性があります。
また、固定資産税が全て免除されることは考えられませんが、適切なアドバイスをもらえることも考えられます。
一人で抱え込まず誰かに相談することで安心できることもあるでしょう。

2つ目は、不動産を売却することです。
この場合はよく考えた上での決断が必要ですが、思い切って売ってしまうことも対策の1つです。
固定資産税は毎月支払わなければいけません。
今月はどうにかなっても、来月また滞納してしまうかもしれない場合は自身の経済状況を考えて売る決断をするのも大切です。

 

□まとめ

今回は、固定資産税の支払いを放置することの危険性や支払えない時のための対策を紹介しました。
空き家の固定資産税を支払わないことには、多くの危険性が伴います。
支払えない状況にある場合は、すぐに自治体へ相談してみましょう。
その他空き家について疑問点やご質問がありましたら、お気軽にご相談ください。

投稿日:2022/03/28投稿者:-

空き家をお持ちの方にぜひ知っていただきたいのが、火災保険についてです。
空き家に火災保険は本当に必要なのか、疑問に思う方も少なくないでしょう。
しかし、誰も住んでいない空き家でも、火災が起きるリスクは十分にあります。
そこで今回は、空き家の火災保険の必要性と火災保険を掛ける際の条件をご紹介します。

 

□火災保険はなぜ必要?

空き家に火災保険はなぜ必要なのでしょうか。
ここでは、火災保険が必要な理由を解説します。

一般的に火災保険は、現在住んでいる家や価値のある建物が損傷した際に補償されることを目的に加入します。
一方で空き家と言えば、誰も住んでいないため万が一火災が起きてもそこまで被害を受けないように思いますよね。
しかし、空き家だからこそ、火災が起きた時にリスクを伴うのです。

例え誰も住んでいなかったとしても、空き家を所有している以上、火災後の処理は必ず行わなければいけません。
焼けた家に残された物を破棄する、片付けるだけでも費用がかかります。

さらに、火災では例え空き家であっても近隣の人たちを巻き込んでしまう可能性がとても高いです。
火災が原因で誰かを怪我させてしまった場合には、空き家の所有者として損害賠償を支払う必要があります。
被害の内容によっては、大きな額になるかもしれません。
そんな時のために、保険で備えておくことが大切なのです。

 

□火災保険を掛ける際の条件とは?

そもそも、空き家に火災保険を掛けられるのか疑問に感じる方も中にはいらっしゃるでしょう。
空き家がよっぽどボロボロな状態ではない限り、火災保険をかけられます。
しかし、空き家には住宅物件と一般物件の2種類に分類されます。
ここではそれぞれの火災保険を掛ける際の条件を解説します。

まずは住宅物件の空き家です。
住宅物件と見なされるのは、一時的に家を空けている状態や別荘として定期的に住む予定の住宅です。
このような場合は住宅として扱われるため、一般的な家に掛ける火災保険と同じ種類になります。

続いては一般物件の空き家です。
一般物件は、今後も使う予定や住む予定のない空き家のことを指します。
例えば、倉庫や事務所などの物件と同じ扱いです。
この場合、一般的な住宅に掛ける火災保険よりも高額になる傾向にあります。

また、住宅物件では地震保険に加入することが可能ですが、一般物件では加入できないので注意が必要です。

 

□まとめ

今回は、空き家の火災保険の必要性と火災保険を掛ける際の条件をご紹介しました。
空き家に火災が起きた時のことを考えて、万が一のためにも火災保険には加入しておくことをおすすめします。
また、空き家には2種類あり、それぞれにかかる保険料は異なるということも覚えておきましょう。

投稿日:2022/03/24投稿者:-